ヒズミ回想

とあるバンドマンの、変哲も平坦もない日常。

運命じゃない人たち

 

 

 

 

 

2022/5/15

運命じゃない人たち

穏やかな昼から、映画見てました。

f:id:iijitakahiro:20220515200426j:image

運命じゃない人」という映画です。「アフタースクール」とか「鍵泥棒のメソッド」の内田けんじ監督による2004年の映画です。悶絶するほど面白いです。マジでおすすめ。

内容は、何か大きなスペクタクルがあるわけではなく、役者さんも派手な人はいない、90分くらいで終わるとても小さな映画です。しかしその小さなフィルムの中に、存分にアイデアとユーモアがギュッと詰め込まれており、綺麗にまとまった作品になっています。町の小さなイタリア料理屋、みたいな感じです。内装も少し雑多としていて、料理は美味い。そういうの、とても良い。

作品の規模が小さいと、よりアイデアが大事になります。そのアイデアが優れていると、規模が小さい分、作品全体に広く染み渡って、より深いおかしさが生まれます。こういう作品の、独特の味がね、良いのですよ。演劇にもちょっと似てるかもしれません。

こんくらいの規模の奴、もっと見たいですね。無理に世界を救う必要も、誰かを死なす必要もないのですよ。ちょっとした感情のすれ違いだけで、世の中ってのは面白みに満ちているもんです。

 

ところでこの内田けんじ監督、もう10年近く作品を作っていません。ツイッターもしてないので近況もわからんです。実に惜しい。才能がありながら、作る事をしなくなる人は、結構います。悲しいもんです。そういう人は、もう私のためだけでいいから作品を作って欲しい。そっちの都合なんかもう知らんですよ。そんなものは運命なんかじゃないです。私はもっと、あなた方の作る作品に会いたいのです。ちくしょうめ。

 

 

 

 

 

覇王樹にまつわるエトセトラ

 

 

 

 

2022/5/14

覇王樹にまつわるエトセトラ

f:id:iijitakahiro:20220514203448j:image

実家のサボテンに、花が咲いていました。写真じゃわかりづらいですが、これ、相当でかいです。手のひらよりデカいくらいです。何か比較を載せればよかった。

サボテン、漢字で覇王樹とか、仙人掌とか書くらしいですね。調べてみたら「石鹸体」という書き方もあるようです。昔サボテンを汚れ落としに使っていて、それで「シャボンテン」ということらしいです。面白い。

実際サボテンというモノを、私はよく知らんです。これまでの人生において、あまりにも関わりがなさすぎる。砂漠に生えてるとか、世話が楽とか、一晩しか咲かない花とかは知ってます。あとは何でしょう、多肉植物であるとか、食べられるとか、水分補給に使えるとか、実は水分補給には使えないとか、そういう無駄な知識があるくらいです。本当に、サボテンには全く、関わりがない。ただFFのサボテンダーとか、私の好きな聖剣伝説に出てくる「サボテンくん」というのは好きです。かわいい。

f:id:iijitakahiro:20220514211242j:image

私の人生にあまりにも関わらないサボテンですが、そりゃあもちろん、サボテンだけでなく、私の人生に関わってないものはいくらでもあります。当たり前ですが、関わってきたもの以外とは関わりがないです。関わってきたものだけ、出会ったものだけを知りながら生きております。これまでもこれからも、多分そうやって生きていきます。

サボテンと今後関わる予定、それはまぁ、ないです。興味もないですし、由縁もまるでないです。しかし実際、私は高校生くらいになるまで自分がバンドをするなんて考えてもいなかったので、将来的にどうなるのかってのはわからんもんです。今耽溺しているボードゲームだって、20代前半まで存在すら知りませんでした。

だから、サボテンだって、どう関わるかわからんもんです。ひょっとしたら今後の人生、私にとってなくてはならないものになっているかもしれないです。買いまくって窓辺に並べるかもしれませんし、食べてみたら好物かもしれません。砂漠で迷った時、水分補給をするべく食べるかもしれません。実際にはできない事を思い出してキレるかもしれません。

サボテンの花を見ながら、そんな事を考えていました。そんなことが今後、あるかもしれません。まぁ多分ないとは思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

シラフバー

 

 

 

 

2022/5/13

シラフバー

四次元のバー営業に行っていました。写真は失念。

普段あんまりバー営業には行かないのですが、お世話になっている好きなライブハウスが「絶対に来てほしいフェス」みたいな名前でバー営業してたら、そりゃあ行きますよ。行きます。むしろ吸い寄せられたと言っていい。四次元空間の重力に飲み込まれました。

嬉しいのがね、今回のバー営業で、店長やスタッフが色んな人に「来てよ」と連絡していたそうですが、普段お酒が飲めず、少し距離もある私には、気を遣ってくれて連絡をしなかったという話。ありがたい事です。それだから行った、連絡がなかったから行ったと言っても過言ではないかもしれません。まぁ連絡あっても多分行っているんですが。

別段、これで恩を売ったりするつもりはないです。そういう点で言うなら、むしろ四次元から受けている恩の方が多いですからね。まるで返せないレベル。とはいえ、向こうもたぶん私に恩を売っているみたいな感覚はないと思います。お互い様でいられるのが、ありがたい関係です。持ちつ持たれつ、もちろん、我々の方がより持たれてるのは間違いないですがね。頑張ります。

 

結局お酒は飲めないので、もう車で行きましたもんね。車で行って、ジンジャーエールとパインジュース飲んで、友人らと話して、帰りました。楽しかったです。バー営業にはあんまり行かないんですが、何だかんだ人と話すのは楽しいもんです。

 

 

 

 

 

 

眠りどうしよう

 

 

 

 

2022/5/12

眠りどうしよう

昼過ぎに仕事を終えたら、家で眠っていました。それはもう、ぐっすり、じっくりと眠っていました。

やっていた仕事自体は3時間くらいのもので、終わってもそこまで疲れる感じはしないのですが、仕事終わりは何故か大体こうなります。凄まじい眠気です。無理矢理起きていようとしても本当に何もできず、20分くらいの昼寝にしようと思っても、そこから最低90分くらいはいってしまいます。昼寝というより、もはや昏睡と言っていいくらいの眠りです。アレは本当に、ヤバい。

何故でしょうね、夜もそこそこ眠っているつもりなのですが、それでも落ちてしまいます。3時間の仕事でこうなるとか、8時間とか働いたらヤバいんじゃないか。2日くらい眠ってしまうんじゃないか。もしバンドを辞めたとしても、社会復帰できる気がまるでしません。

まぁ最近急になったわけではなく、結構前からこうなんで、それなりに時間の勘定も慣れたもんなんですが、やはりこの時間は勿体無いと思ってしまいます。映画1本観れますし、大衆小説なら180ページくらい読めますし、なんならダラダラした方がまだマシですからね。しかしあの眠気、化け物みたいに覆い被さるあの眠気には、どうしても勝てんのです。アレは強すぎる。そりゃあベッドに逃げ込むしかありません。

どうしたもんですかね。諦めるのが一番早いのはわかってるんですが。ちなみに夢の中で私は、銭湯のコインロッカーの鍵を失くし、コインロッカーの番号も忘れてしまい、店員と共にオロオロしておりました。どうしたもんですかね。本当に。

 

 

 

 

 

 

何処ぞの葉

 

 

 

 

2022/5/11

何処ぞの葉

作業の日でした。

雨が降ってんだから降らないんだかわからない天気の下、ずっと室内でピーシーを叩くか床に転がるかしていました。結局雨は降ったのか、降ってないのか。私は知らん。

作業の日、と言いながら、手を動かしていたのは120分くらいです。後の時間はサボっているか、考えている時間でした。

この「考えてる時間」ってのが曲者でして、これをどこまで「作業時間」に含めるかで今日の私の作業時間は大きく変わってきます。そしてこの考えてる時間の中にもゆるくサボっている時間があるので、もはやどう捉えていいかわからんのです。

実際に手を動かしてやっていたのは、画像の編集と、ある曲のボーカルの調整です。これだって大体40分くらい両眼を見開いてやった後、「ヒョー」なんてバルログみたいな声を出しながら床を転げ回るのを繰り返していました。それくらいが私の限界です。作業としてはしっかりやったと思いますが、作業時間で換算されると、弱い。

まぁ、何をどう換算しても、結局誰に責められる訳でもないのですがね。しかし健全な社会人が毎日8時間とか働いているのを見ると、社会不適合人である私は引け目があります。ロクに働いてないくせに、やることすらしっかり時間を作れないのか。私の脳内にかろうじて残ってる、正常な人間であろうとする何処ぞの葉が、舌打ち混じりに私を見ているのです。叱ってはこないんですが、じっと見ています。これがもう、実に怖い。

現状、一切の締め切りがないのが良くないのですよな。そして締め切りを定めるのは怖いので嫌なんですよな。これはもうだめでせう。とまりませんな。私かて人間ですから、浸かれる時は、いつまでも浸かってたいもんですよ、ぬるま湯にね。

しかしまぁね、私が決めずとも、締め切りはいずれ自然発生して私をつけ回すのですよ。そうなったらいつものように頑張りますよ。それまでは、できることをやりますよ。これから暑くなるから、またなんか沸いてくるでしょう。どうせ。

 

 

 

 

 

 

 

未体験の恥

 

 

 

 

 

2022/5/10

未体験の恥

そりゃあ私は、それなりに精神の強い人間だと思いますよ。基本ひとりでどこでも行けますし、祭りだって行ったことはあります。焼肉とか動物園だって、その気になれば行けるでしょう。

そんな私でも、TSUTAYAで「すみません、『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版』ありますか?」と聞くとき、恥ずかしさが全身を浸しましたね。後頭部まで赤く染まった気がしました。店員さんから「ん、もう一回いいですか?」と言われ、私は無事に死にました。

世の中には、私の知らない体験が、まだまだあります。嬉しいこともまだあるはずです。頑張ります。

 

あ、戦慄怪奇ファイル、面白いです。シリアスさと馬鹿馬鹿しさが混ざって、ちゃんとストーリーが面白い。オススメできる作品ではないんですが、おススメです。

 

 

 

 

 

 

マックスイイジ

 

 

 

 

 

2022/5/9

マックスイイジ

なんとなく、自分は今、最大限に音楽をやれている、という自覚があります。

色んな人の助けがあったり、色んな人に迷惑をかけたりしていますし、金銭や将来が不安だったりしています。そもそもバンドだってずっとメンバーが足りていませんが、単純に私個人のことだけ見れば、これ以上なく、きちんと音楽ができています。ありがたいことです。本当に。

別の世界線の話、例えばもっとバンドでビジネス的に成功していた世界もあるかもしれませんし、その上で素敵な伴侶と出会い、幸せな家庭を築いている世界もあるかもしれません。そっちの世界も実に羨ましいとは思いますが、こと音楽とか、創作、という点に見れば、たぶん今の私の世界がマックスに近いのではないでしょうか。なんとなく、そういう自信があります。

少なくとも死ぬ間際「もっとちゃんとすればよかった」と思う事はないでしょう。安らかに逝けそうです。明日死んでも満足、とは言いませんが、仕方がないと折り合いをつけられるくらいには充実しているつもりです。まぁ気が早い話で、今際の際にはこう思ってる事を後悔してるかもしれませんがね。その辺はもうわからんです。

何にせよ、私は色々恵まれております。その恵みを維持するための努力も、少なからずしているつもりです。きちんと感謝と誠意をもって、ちゃんと人生をやっていくつもりです。

そのためにももう少し、認められねばならんですな。頑張り、ます。精一杯。